HOME > 弁護士ブログ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

弁護士ブログ 2014年7月アーカイブ

刑事事件(国選弁護と私選弁護)

 当事務所では,数多くの刑事事件を取り扱っています。刑事事件の案件には,被疑者被告人の弁護活動を行う刑事弁護の場合もありますし,被害者側の代理人(被害者支援)をつとめることもあります。
 刑事弁護の場合は,国選弁護(被疑者国選・被告人国選)の場合もありますし,私選弁護の場合もあります。
 国選弁護と私選弁護について,原則としてどちらにするかによって弁護活動の内容に違いが出ることはありません。
 もっとも,被疑者段階では国選弁護の対象とならないことがありますので,そのような場合は,私選弁護事件としてご依頼を受けることがあります。
 また,国選弁護であれば原則として1人の弁護人がつくこととなりますが,当事務所の場合,私選弁護事件であれば弁護士3人を弁護人とすることができますので,多くの作業や多数回の接見を必要とする案件などについては,ご依頼者のご希望により,国選弁護ではなく私選弁護事件としてご依頼を受けることもあります。
 なお,被疑者の弁護事件の場合,弁護人がついたからといって必ずしも処分の結果が変わるとは限りませんが,接見禁止がついていて被疑者接見したくても接見できない場合などは,弁護人をつけることによって,弁護人が接見することができるようになりますから,そのような点にメリットを見出して,ご依頼を受けることもあります。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

波佐見町と弁護士

 長崎県波佐見町には,法律事務所が存在せず,弁護士がいません。
 そこで,波佐見に近い佐世保市に所在する当事務所には,波佐見の案件についてのご依頼も多いです。
 波佐見に関する民事事件や刑事事件もありますし,自治体の法律相談会で当事務所の弁護士が法律相談を受けることもあります。
 波佐見の案件を処理する場合,弁護士が出張することもありますが,波佐見在住のご依頼者の方々に当事務所にご来所いただくこともあります。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

調停の案件

 当事務所では,調停の案件(家事調停,民事調停)を数多く取り扱っています。中でも,女性弁護士が在籍していることもあり,離婚調停(夫婦関係調整調停),婚姻費用分担調停養育費請求調停養育費減額請求調停養育費増額請求調停,子の引渡調停,監護権指定調停親権者変更調停,子の面会交流調停などが多いです。
 調停の案件は,裁判と比べて出廷時間が長く,午前の調停であれば9時半からお昼まで,午後の調停であれば13時半から夕方まで,ご依頼者とともに裁判所で過ごすことが通常です。
 佐世保の裁判所(長崎家庭裁判所佐世保支部)では,家事調停の開廷日は原則として火曜日と水曜日ですので,特に火曜日や水曜日は,調停で1日中裁判所にいることもしばしばです。
 調停で忙しいのは原則として通年ですが,これから迎える8月については,裁判所が夏休み(夏期休廷)に入ることもあり,一休みとなる調停案件がいくつか出てきます。
 弁護士としては,この間に,次回までの対策を検討したりすることとなります。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

相続問題の案件

 当事務所では,相続に関する案件を数多く取り扱っていますが,夏休みの時期は,相続に関する案件のご依頼数が最も多い時期の1つです。
 具体的には,遺産分割協議,遺産分割調停遺産分割審判相続放棄などの案件が多いです。すでに裁判所に案件が係属している場合も多いです。
 佐世保出身で就職を機に佐世保を離れた方が,お盆などで佐世保に帰郷した際に,相続問題について地元佐世保の弁護士にご相談したいと思われるケースが多いようです。
 そのような事情もあり,当事務所では,お盆の時期であってもできる限り事務所を営業しようと考えておりますので,お気軽にご相談ください。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

「買え買え詐欺」(高齢者の消費者問題)

 近年,高齢者を対象とした消費者問題が増加していますが,その中でも,詐欺による被害が深刻です。長崎県でも,佐世保や五島で高齢者の詐欺被害が深刻化しています。
 長崎県の消費生活センターによると,「買え買え詐欺」という類型の詐欺が増加しているようです。
 「買え買え詐欺」とは,例えば,高齢者の自宅に突然の老人ホームのパンフレットが届いた後で,同老人ホームの入所費用について,費用の立替や名義貸しを迫られて,金銭をだまし取られるという類型の詐欺とのことです(長崎県消費生活センター発行の「長崎県くらしの情報」参照)。
 みなさんも,怪しいと思われたら,弁護士や消費生活センターにご相談ください。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

カウンセラー同席費用立替制度(刑事事件の犯罪被害者支援,法テラス)

 法テラスは,民事法律扶助制度の一環として,一定の要件を充たす方について,弁護士費用の立替や相談料の援助を行っています。
 その制度の中で,犯罪被害者支援業務の一環として,「カウンセラー同席費用立替制度」というものがあります。
 刑事事件の被害にあわれた方(犯罪被害者)のうち,一定の要件を充たす方について,民事上の請求(損害賠償命令事件申立,民事裁判(損害賠償請求事件),強制執行等)を行う場合,民事法律扶助制度を利用すれば,弁護士費用を法テラス(国)が立て替えてくれますが,この「カウンセラー同席費用立替制度」を利用すると,弁護士との打ち合わせの際にカウンセラー等(医師,臨床心理士,犯罪被害者を支援する団体の専門相談員(フェミニストカウンセラー等)等)が同席した場合,同カウンセラーに関する費用についても法テラス(国)が立て替えてくれる制度です。
 弁護士としては,犯罪被害者の方々の支援を行う際,法律的な支援だけではなく,心身に関する支援を行う必要性を感じております。
この制度が活用されることにより,犯罪被害者の方々に対して一歩進んだ支援を行うことができるのではないかと期待しています。
 
佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 

佐世保の裁判所

 佐世保の裁判所(長崎地方裁判所佐世保支部、長崎家庭裁判所佐世保支部、佐世保簡易裁判所)は、現在建て替え工事中です。
 建て替え工事は、平成25年7月から始まり、 平成25年11月下旬からは、佐世保の裁判所は旧庁舎跡地に隣接する仮庁舎に引越し、現在は仮庁舎で裁判調停を行っています。
 現在、旧裁判所庁舎の解体工事が完了しており、これから、新庁舎の建設工事が進む予定です。
 裁判所の新庁舎は、早くても平成28年3月以降に完成予定です。
 新庁舎は、これまでの3階建てから4階建てになる予定であり、市民の皆様にとってより利用しやすい施設となって生まれ変わる予定です。
 当事務所としては、これまで佐世保ではできなかった裁判裁判や労働審判の実現を期待していましたが、今回の建て替えでは実現しない見込みです。
 新しい庁舎が利用できるまでにはもうしばらく時間がかかりますが、新庁舎の完成を楽しみにしています。


佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 


離婚問題のセミナー

 当事務所の弁護士は、個別の案件についての依頼を受けるだけではなく、セミナーや講演等の依頼を受けることもしばしばあります。
 講演等のご依頼者については、主に、特定の企業や団体、学校、協議会等からの依頼を受けることが多いです。
 依頼を受ける内容としては、高齢者問題や相続問題、成年後見問題等が一番多いのですが、離婚問題に関するセミナーや講演のご依頼を受けることもあります。
 離婚問題については、女性側か男性側か、年配の方か若い方か、子どもがいる方かいない方か、共有の不動産(マイホーム)を所有しているかしていないかなど、聴講者の方々の属性等によって、内容を変更したりしています。


佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 


平戸の案件について

 当事務所は、長崎県佐世保市に所在していますが、平戸市在住の弁護士数が少ないこともあり、平戸市の案件も数多く取り扱っています。
  平戸市にも裁判所(長崎地方裁判所平戸支部、長崎家庭裁判所平戸支部、平戸簡易裁判所)がありますから、平戸の民事関係の案件の場合は、平戸の裁判所に出向いています。
 また、平戸の刑事事件については、身柄が刑務所に移送される前は、平戸警察署に接見に出向きます。
 当事務所が平戸市で取り扱っている案件は、離婚問題や成年後見などの家事事件、一般民事事件、刑事事件などがありますし、土地の境界に関する問題などもあります。
 

佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所
  


弁護士会での交通事故無料相談

 長崎県弁護士会では、各地区に法律相談センターがあり、定期的に、無料法律相談会や有料法律相談会を行っています。
 佐世保法律相談センター(長崎県弁護士会佐世保支部)でも法律相談会を行っています。担当の弁護士はその都度異なり、当事務所の弁護士が担当することもあります。
 相談内容は様々ですが、交通事故に関するご相談は、(財)日弁連交通事故相談センターの財源により無料となっております(他にも無料となる場合がありますので、長崎県弁護士会佐世保支部へお問い合わせください。例えば、多重債務相談は無料となりますし、法テラスの相談援助が利用できる場合も相談料は無料となります。)。
 近年、司法書士の方が交通事故の相談を受けるケースもあるようですが、弁護士であれば、どのような案件でも代理人となることができますので、交通事故のご相談については、是非、弁護士会にご相談ください。


佐世保・長崎の弁護士 
竹口・堀法律事務所 


12

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ