HOME > 弁護士ブログ > 本年度の高齢者等権利擁護委員会(長崎弁護士会)の活動(H29)。

弁護士ブログ

< 多重債務者等のメンタルヘルス無料相談事業(長崎県弁護士会,H29)  |  一覧へ戻る  |  当事務所の弁護士が佐世保市開発審査会委員(副会長)として委嘱を受けました(H29)。 >

本年度の高齢者等権利擁護委員会(長崎弁護士会)の活動(H29)。

1 高齢者等権利擁護委員会(長崎県弁護士会)とは

 長崎県弁護士会の会務活動(各委員会活動)は,毎年4月から一年の活動を開始します。
 今回は,当事務所の弁護士も所属している「高齢者等権利擁護委員会」の本年度の活動について簡単にご紹介します。
 長崎県弁護士会の高齢者等権利擁護委員会は,高齢者をめぐる諸問題を主に取り扱っておりますが,高齢者だけでなく,福祉関係の諸問題を幅広く取り扱っております。例えば,障がい者関係の諸問題も取り扱っております。
 上記委員会の活動としては,主に以下のようなものがあります。


2 主な活動の一部

・「精神保健当番弁護士」に関する活動
・「地域包括支援センター巡回相談」に関する活動
・「寄り添い弁護士福祉版」に関する活動
・「高齢者・障がい者虐待事例検討会」に関する活動
・「障がいのある人もない人も共に生きる平和な長崎県づくり推進会議」(長崎県)委員の選任
・「連携弁護士パイロット事業」に関する活動
※福祉関係者と長崎県弁護士会のより深い連携を目指す事業
※連携を目指す福祉関係の機関等:自治体・地域包括支援センター・社会福祉協議会・ケアマネージャー・高齢者養介護施設・障がい者支援施設・障がい者を雇用する事業主・障がい者相談支援事業者・地域生活定着支援センター・社会福祉

士・犯罪被害者支援を行う団体・消費生活センター・労働基準監督署・労働組合・パーソナルサポートセンター・認定NPO法人・自殺対策事業を行う団体・医療機関・薬局
・その他の活動
 

※各活動の詳細については,また個別にご紹介します。 


< 多重債務者等のメンタルヘルス無料相談事業(長崎県弁護士会,H29)  |  一覧へ戻る  |  当事務所の弁護士が佐世保市開発審査会委員(副会長)として委嘱を受けました(H29)。 >

このページのトップへ