HOME > 弁護士ブログ > 放課後等デイサービス「フェアネス」の取り組み等について(H30.10)

弁護士ブログ

< 九州大学法学部同窓会会報(2018.9)  |  一覧へ戻る  |  事業承継セミナー(長崎県事業承継ネットワーク,H30.11) >

放課後等デイサービス「フェアネス」の取り組み等について(H30.10)

第1 はじめに
 
  当事務所の弁護士は,長崎県弁護士会の高齢者等権利擁護委員会や子どもの権利委員会の委員としても活動していることもあり,福祉関係者との連携を深めながら,日々の業務を行っています。
 その一環として先日,当事務所の弁護士が「放課後等デイサービス フェアネス」さんのスタッフの方とお話をする機会がありましたので,そのお話をさせていただきます。

第2 フェアネスとは

 さてフェアネスさんは,児童(小学校・中学校・高校に就学している障がい児童)を利用者(対象者)とする施設であり,児童がスムーズに社会生活を送れるような手助け等をすることを目的としております。
 フェアネスさんは,今年平成30年の2月に長崎県北松浦郡佐々町にオープンしたばかりの,新しい施設とのことです。

第3 フェアネスの特徴

  フェアネスさんは,児童と向き合って「公平性」を伴った対話を行うこと,「遊び」を通した具体的支援を行っていること,「個別」の学習支援を行っていることを,主な特徴としているとのことです。
 またフェアネスさんには,児童発達支援管理責任者・保育士・児童支援員などの資格をもつ職員が在籍されているとのことです。

第4 当事務所と児童支援

  当事務所では,所属弁護士が弁護士会と福祉関係者との勉強会(司法福祉勉強会)を取りまとめていることもあり,福祉関係者との繋がりを大事にしております。
 また,佐世保初の女性弁護士が当事務所に所属していることもあり,当事務所では開所時から,女性の皆様が抱える法律問題を多く取り扱ってきました。また,女性の皆様が抱える問題(離婚問題等も含む。)を取り扱っていく中で,児童の支援についても関わってきました。
 そのような中で,当事務所としては,児童支援に携わっていただける施設が特に長崎県の県北地域では不足しているのではないかと感じておりました。
 そこで,今回,フェアネスさんを取り上げさせていただきました。 
 障がい児童の支援を必要とされている方がいらっしゃいましたら,フェアネスさんに問い合わせいただけたらと思います(法的支援も必要とされている可能性がある場合は,もちろん,当事務所にお問い合わせいただいてもかまいません。)。 



















   


            記(フェアネスの住所・電話番号)
■住所
 〒857-0352
 長崎県北松浦郡佐々町口石免444-5 佐々健康モール内

■電話番号
 0956-55-3920 


< 九州大学法学部同窓会会報(2018.9)  |  一覧へ戻る  |  事業承継セミナー(長崎県事業承継ネットワーク,H30.11) >

このページのトップへ