HOME > 弁護士等のご紹介 > 大石 剛志(外部提携行政書士)

弁護士等のご紹介

大石 剛志(外部提携行政書士)

大石 剛志(Oishi Takeshi)

 私は長崎県佐世保市で生まれ育ちました。
大学卒業後は民間企業に勤務しておりましたが、大学で法律を学び、行政書士の資格を取得していることから、法律に関わる仕事をしたいと思うようになり、このたび長崎県行政書士会に登録し、事務所の外務提携行政書士としての活動を開始致しました。

私はこれまで福祉関係の企業に勤務しておりました。
相手の気持ちをくみ取らなければできない仕事です。
福祉の仕事を通じ、相手を理解し、優しく接することの大切さを学びました。

弁護士には緊張して話しづらいというご依頼者様もいらっしゃると思います。
その際はぜひ私にお話し下さい。
事務所にご相談・ご依頼される方は佐世保市や長崎県内の方が多いと思います。
私は佐世保生まれの佐世保育ちです。時々方言を出し合いながらお話をしましょう。
少しでもご依頼者様の緊張の糸をほぐすお手伝いが出来たら嬉しいです。

ご依頼者様との絆を大切にして、ご依頼者様の悩みに真摯に向き合い、 思いやりや心遣いをもって精一杯お役に立ちたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

経歴

2018年(平成30年)11月
長崎県行政書士会登録           
竹口・堀法律事務所と業務提携

このページのトップへ