よくある質問 よくある質問
佐世保で数少ない、女性弁護士が在籍する法律事務所です。 初回のご相談は30分無料 時間外・土日も対応可能 0956-59-8640 お問い合わせはこちら

取扱分野

  • 離婚
  • その他男女問題
  • 交通事故
  • 相続・遺言
  • 借金問題(多重債務)
  • 刑事事件
  • 不動産
  • 顧問(企業法務)
  • 労働問題
  • 高齢者問題
  • 消費者問題
  • その他各種相談
  • セミナー・講演会・研修のご依頼

用語集

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
その他の用語集
竹口・堀 法律事務所 お問い合わせはこちら

長崎県佐世保市下京町9番13号
DKビルⅡ7階

採用情報
携帯電話からもご覧いただけます。
Facebook
リンク集 依頼者・相談者の声

HOME > 高齢者問題

高齢者問題

高齢者問題


第1 成年後見等申立

 もし、認知症になったり、寝たきりになったりしたら、預貯金や不動産の管理はどうしたらいいのだろう。
 高齢の母が悪徳業者に要らないものを買わされているけど、どうにかできないだろうか
認知症の父の年金を、同居している長男が好き勝手に使っているようだが、どうすればよいのだろう。

 などの事情でお悩みの方は弁護士にご相談下さい。
 このような事態に対応するために、「成年後見」という制度が用意されています。
 裁判所によって選任された「後見人」等が、裁判所の監督の下で、判断能力の低下した方の財産を管理するというものです。
 成年後見制度には、様々な類型があり、財産管理の一部だけを任せること、
将来に備えてあらかじめ後見の内容を決めておくことも可能です。

 なお,成年後見制度には,判断能力の程度に応じて,成年後見だけでなく,補助や保佐という制度もあります。

第2 任意後見契約

 将来,判断能力が衰えた場合に備えて,将来の任意後見受任予定者との間で任意後見契約を締結することができます。
 これにより,将来判断能力が低下した場合に,任意後見の効力を発生させることができます。
 なお,任意後見契約を結ぶ際には,任意後見の効力が発生するまでの間,定期的にご本人と連絡を取ったり面談をするなどして,ご本人の安否の確認などを行う,「見守り契約」を締結することもできます。

第3 その他

 その他,例えば成年後見申立自体はご本人側で行うとしても,弁護士に成年後見人等への就任を依頼することもできますし,成年後見申立に関する書面の作成のみを依頼することもできます。



このページのトップへ