HOME > 弁護士ブログ

弁護士ブログ

九州大学法科大学院移転後の授業開始

 九州大学法科大学院(ロースクール)は,福岡市中央区六本松九大跡地への移転計画が進められてきましたが,平成29年9月から,いよいよ授業が開始されるそうです。
 六本松の九大跡地には,平成30年には裁判所,平成31年には検察庁・弁護士会館も移転し,全国にも他に例のない,法曹三者と密接に連携した法曹養成教育の実現が期待されています。
 来月には記念式典も開かれ,元最高裁判事の櫻井龍子による記念講演も行われるとのことです。
 当事務所でも,九大ロースクール修了生の当事務所への入所をお待ちしております! 

長崎東高同窓会会報(vol.10)

 当事務所の代表弁護士竹口が長崎東高(長崎東高等学校)出身であるため,当事務所には定期的に長崎東高の同窓会会報が届きます。
 今回も届きましたので,簡単にご紹介します。
 来年(2018年(平成30年))が長崎東高の創立70周年であるため,創立70周年特集が組まれていました。
 過去の様々な出来事や当時の感想などが,当時の写真や当時在籍していた皆様の写真等とともにご商愛されていました。
 また,地域同窓会の活動も紹介されており,在京同窓会,関西同窓会,福岡会,西山会(五島市),対馬同窓会の紹介がなされていました。
 ほかには,平成27年度より開設された「国際科」及び,文部科学省より研究指定を受けたSGHの実績や活動紹介もなされていました。
 なお,長崎東高の最近3年間の合格実績は下記のとおりとのことです。
 
    記

大学名     平成27年度    平成28年度    平成29年度

◆国立大学

長崎大学    55名       59名       62名
九州大学    20名       22名       24名
九州工大学   12名        2名        7名
福岡教育大学   1名        2名        5名
佐賀大学    15名        8名        9名
大分大学     7名        3名        4名
熊本大学    14名       15名       10名
宮崎大学     3名        4名        6名
鹿児島大学    7名       12名       10名
琉球大学     0名        1名        0名
北海道大学    0名        0名        2名
北見工業大学   2名        0名        2名
東北大学     1名        1名        0名
筑波大学     0名        2名        3名
千葉大学     1名        2名        0名
お茶の水大学   0名        1名        0名
東京大学     2名        4名        2名
東京農工大学   1名        2名        0名
東京学芸大学   1名        1名        0名   
東京外語大学   2名        0名        0名
横浜国立大学   2名        3名        1名
静岡大学     1名        0名        0名
名古屋大学    2名        1名        0名 
京都大学     2名        6名        3名
大阪大学     5名        6名        4名
神戸大学     4名        2名        2名
奈良女子大学   1名        0名        0名
岡山大学     3名        4名        2名
広島大学    12名        7名        7名
山口大学     6名        1名        7名
その他      6名       10名       13名
国立大学合計  188名       181名       185名

◆公立大学

長崎県立大学  16名       18名       18名
福岡女子大学   0名        1名        3名
北九州市立大学  1名        3名        5名
その他     18名       16名       13名
公立大学合計  35名       38名       39名

◆私立大学

長崎総合科学大学 4名        5名        3名
活水女子大学  14名       21名       20名
長崎純心大学  10名       51名       32名
長崎国際大学   7名        1名        2名
西南学院大学  14名       16名        8名
福岡大学    24名       31名       14名
崇城大学     3名        3名        2名
慶應義塾大学   2名        2名        1名
東京理科大学   4名        1名        0名
中央大学     4名        4名        1名
津田塾大学    1名        0名        0名
日本大学     2名        0名        0名
法政大学     1名        1名        1名
明治大学     5名        4名        3名
早稲田大学    1名        3名        5名
関西大学     1名        0名        0名
関西学院大学   0名        2名        3名
同志社大学    9名        4名        4名
立命館大学    6名       12名        7名 
その他     57名       49名       63名 
私立大学合計  169名       210名       169名 
 


第70回九弁連定期大会(H29.8)

  平成29年(2017年)10月,九州弁護士会連合会の第70回定期大会が開催されます。
 今年は,10月27日(金),大分県大分市にて開催されます。場所は,「iichiko総合文化センター」内の「iichiko音の泉ホール」(大分市高町2番33号)です。
 10月27日の主な日程は下記のとおりです。

    記(10月27日の予定)

 9時~12時  シンポジウム(iichiko音の泉ホール)
  ※「合理的配慮の定着に向けて」
   条例制定の意義と合理的配慮の定着に向けた弁護士の果たすべき役割
   ~障がいのある人とない人との分け隔てのない社会を目指して~
13時~16時  定期大会(iichiko音の泉ホール)
16時~17時  表彰式・感謝式(iichiko音の泉ホール)
 


第13回させぼシーサイドフェスティバル2017

 今年も,佐世保市でシーサイドフェスティバル(「第13回させぼシーサイドフェスティバル2017」)が開催されます。
 今年は,8月5日から6日にかけて開催されます。6日の20時半には花火もあがることとなっています(観覧席:佐世保駅みなと口広場前岸壁)。
 当事務所も,地域の発展を願ってシーサイドフェスティバルに協賛しています。 


佐世保刑務所が廃庁されます

1 佐世保刑務所の廃庁
 この度,佐世保刑務所が平成31年3月31日をもって廃庁・業務停止されることとなりました。
 廃庁される理由としては,財政事情や,刑事施設における近年の収容動向,佐世保刑務所の老朽化等が背景にあるようです。

2 拘置所機能の継続
 以上のとおり,佐世保刑務所の刑務所としての機能は終了しますが,当面の間は,長崎刑務所の拘置支所として,拘置所機能は継続されるとのことです。

3 当事務所と佐世保刑務所
 当事務所では,刑事弁護事件(国選弁護・私選弁護)の事件処理において,佐世保刑務所に収容されている被告人との接見(面会)を佐世保刑務所で行うことがあります。
 また,長崎県弁護士会の会務活動(人権擁護委員会)などで,佐世保刑務所に出向いたり,佐世保刑務所と書面のやり取りなどをすることがあります。


    記

名称:佐世保刑務所
住所:長崎県佐世保市浦川内町1
収容定員:720名
収容区分:B指標受刑者
沿革:明治38年発足
   昭和46年現在地へ移転
 


消費生活相談員との学習会(H29.8)

  長崎県弁護士会の消費者問題特別委員会の活動の一環として,弁護士・司法書士・消費生活相談員が定期的に集まって勉強会(定例学習会)を開催しております。
 勉強会では,様々な消費者問題などを題材として取り扱っており,今回(平成29年8月)は,訪問販売に関する事例やインターネットに関する契約(ポケットWi-fiなど)に関する事例を取り扱いました。
 これからも,弁護士・司法書士・消費生活相談員で知恵を出し合って,消費者問題に取り組んでまいります。 


長崎県弁護士会の高齢者電話相談(H29-30)

 長崎県弁護士会には,高齢者等権利擁護委員会という委員会があり,当事務所の弁護士も委員として活動しています。
 この委員会では,日弁連の「ひまわりあんしん事業」(旧高齢社会対応のための標準事業案)として,高齢者電話相談を実施しています。
 この制度は,高齢者の方を対象として,各法律事務所に待機する弁護士が電話での相談を受けるというものです。
 今年度(平成29年10月~平成30年9月)も,毎週木曜日,10時から16時までの間実施をしておりますので,ご希望の方は長崎県弁護士会へご連絡ください。
 

 ※なお,当事務所への直接のご相談をご希望される場合は当事務所へ直接ご連絡ください。 


専門家による何でも相談会(長崎県弁護士会,H29.11)

 長崎県弁護士会を含む8つの専門職団体の共催により,毎年,「専門家による何でも無料相談会」を実施しております(下記参照)。
 この相談会は,複数の士業が同席して相談に対応することにより,効果的に問題解決を図ることを目的として毎年実施されています。
 相談料は無料ですので,皆様お気軽に主催者宛てお問い合わせください。


      記

◆日時
 平成29年11月18日(土) 9時30分から16時半

◆場所
 メルカつきまち5階会議室(長崎市築町3-18)

◆相談を担当する専門家
 弁護士(6名),司法書士(1名),土地家屋調査士(1名),社会保険労務士(1名),税理士(1名),行政書士(1名),中小企業診断士(1名)

◆主催
 長崎県弁護士会,長崎県司法書士会,長崎県土地家屋調査士会,長崎県社会保険労務士会,九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会,長崎県行政書士会,公益社団法人長崎県不動産鑑定士協会,一般社団法人長崎県中小企業診断士協会

◆後援
 長崎県,長崎市 


面会交流援助(H29.8)

 当事務所では,佐世保では唯一女性弁護士が2名も在籍していること等から,離婚問題を数多く取り扱っています。
 そして,離婚問題において,子どもがいる場合には,「面会交流」の問題がよく発生します。
 面会交流とは,両親が離婚する際,片方の親が子の親権者となり,もう片方の親は親権者とはなることができません。
 もっとも,親権者とはならなかった親にも,子どもと会ったり交流したりする権利は保障されています。この権利を面会交流権といい,子どもと会ったり交流したりすることを,面会交流(面接交渉)などといいます。
 とはいえ,いくら面会交流権が保障されているとはいっても,離婚した親同士が連絡を取り合って離婚後の面会交流を行う際には,様々な問題やトラブルが発生します。
 そこで,民間の業者やNPO法人などの中には,面会交流をサポート・援助してくれる機関もあります。
 長崎には,「一般社団法人 ひとり親家庭福祉会ながさき」(長崎市上町1-33(長崎市社会福祉会館3階))という機関が長崎市にあるようです。
 このような機関を利用して,面会交流を実現していくというのも1つの選択肢だと思います。
 


長崎県弁護士会の行事等(H29.8)

 長崎県弁護士会が予定している平成29年8月の主な行事等をご紹介します。
 

8月 1日 精神保健当番弁護士に関する学習会
8月 2日 倒産事務検討会
8月 3日 自由権規約個人通報制度説明会
8月 8日 日弁連「高次脳機能障害相談研修会」参加会員による報告会
8月10日 障害者差別解消法に関する学習会
8月10日 「軍艦島建設の危機」の上映会
8月10日 臨時総会
8月10日 暑気払い
8月29日 児童虐待相談対応の研修会

 以上の行事以外にも,委員会活動など,その他の活動を随時行っております。 


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ