HOME > 弁護士ブログ > アーカイブ > 2015年4月アーカイブ

弁護士ブログ 2015年4月アーカイブ

九弁連(九州弁護士連合会)だよりNo.132

 九弁連(九州弁護士会連合会)では,定期的に,「九弁連だより」という冊子を各会員に配布しています。
 先日も,九弁連だよりの最新版(No.132)を受け取りました。
 当職は,九州弁護士連合会に所属する弁護士の1人として,九弁連だよりの内容をいつも楽しみにしています。
 

 九弁連だよりには,退任した役員の挨拶,就任した役員の挨拶,前年に九弁連で行った取り組みやイベントの報告などが記載されています。
 今回の九弁連だよりにも,2014年(平成26年)に九弁連で行った様々なイベントの結果等が報告されていました。

 例えば,昨年は,以下のようなイベント等が開催されました。

①「2014年日弁連夏期研修(九州地区)」(福岡市のアクロス福岡にて開催)
 ※交通事故に関する研修や倫理研修などが行われました。

②「第1回精神保健当番弁護士経験交流会」(宮崎市の宮崎県弁護士会にて開催)
 ※精神科病院に入院している患者に対する出張制度など。
 ※精神保健福祉法により,都道府県知事に対する退院請求権や処遇請求権等が定めら

れています。

③「公設事務所・法律相談センターに関する九州ブロック協議会」(福岡県北九州市のKMMビルにて開催)
 ※法律相談事業の現状等について

④シンポジウム「これからの適格消費者団体」(熊本市の三井ガーデンホテル熊本にて開催)
 ※他の会務との都合上,当事務所の弁護士は参加することはできませんでしたが,当事務所の弁護士が長崎での適格消費者団体創設に向けた活動に関わっている関係から,是非参加したかったシンポジウムの1つでした。
 

 他にも,昨年には様々なイベントが実施されたようですが,各行事の報告を読むだけでも,弁護士として非常に勉強になります。
 当事務所の弁護士は,竹口も堀も各委員会における九弁連委員として活動をしていますし,今後も,九弁連の一員として,研鑚を深めていきたいと思います。 


福岡市内に設置された長崎県内各市のアンテナショップ

 福岡市内には,全国各都道府県などののアンテナショップがあります。
 長崎の自治体としては,対馬市,壱岐市,松浦市,五島市の各アンテナショップがあるそうです。
 それぞれ,独自の視点で,顧客に対してアプローチをしているようです。
 なお,佐世保市も,長崎市・雲仙市と共同でアンテナショップを有していたようですが,すでに閉店してしまったとのことです。
 佐世保市にも,様々な名物(佐世保バーガー,レモンステーキ,とらふぐ,九十九島のカキ,海軍のビーフシチュー,佐世保豆乳,活イカ,あごだしラーメンなどなど)がありますから,佐世保市独自のアンテナショップがもきたらいいなと思います。
  


児童福祉に関する懇談会

 先日,当事務所の弁護士が,長崎市内で開催された「児童福祉に関する懇談会」に出席しました。
 当事務所では,竹口弁護士が高齢者等権利擁護委員会の活動など様々な分野で福祉関係者との連携を深めているほか,堀弁護士も,子どもの権利委員会の九弁連委員として活動を行っていることから,当事務所の弁護士も参加することとなりました。
 懇談会では,核施設の取り組み等に関する様々な報告等がなされました。
 その中でも特に興味深かったのは,2008年に導入された「スクールソーシャルワーカー」(SSW)に関する報告でした。最近,凶悪な少年事件が発生しており,スクールソーシャルワーカーの重要性が高まっています。そこで,懇談会では,長崎におけるスクールソーシャルワーカーの活動に関する報告等がなされました。
 子どもに関わる問題については,弁護士やソーシャルワーカー、行政、各施設などを社会資源として、関係諸機関が連携しながら解決していく必要がありますので,今後も,様々な方々との協議を続けていくことになりそうです。 

1

« 2015年3月 | メインページ | アーカイブ | 2015年5月 »

このページのトップへ