HOME > 弁護士ブログ > アーカイブ > 2018年7月アーカイブ

弁護士ブログ 2018年7月アーカイブ

裁判所と弁護士会の倒産事務検討会(H30.7)

 長崎県弁護士会と長崎地方裁判所は,定期的に「倒産事務検討会」を長崎地裁の会議室で開催し,破産案件の運用等について協議をしています。
 先日も,この倒産事務検討会が開催されました。倒産事務検討会には,破産案件に携わる裁判官や裁判所書記官が,裁判所側の出席者として参加しました。
 また長崎県弁護士会からは,弁護士会の執行部(役員)や倒産委員会委員を中心に出席しました。なお,当事務所の竹口弁護士は,長崎県弁護士会の役員(事務局長)であるとともに倒産委員会委員でもあります。
 

 今回の倒産事務検討会では,「自然人事件における換価基準」に関する事項(裁判所側から出された議題)や,「管財人による任意売却の際の財団組入れ率について」(裁判所及び弁護士会から出された議題),「破産申立前の事業譲渡,会社分割について」(弁護士会から出された議題)等について協議を行いました。
 

 いずれの事項についても,今後の運用面等で,大変有意義な協議を行うことができました。 


1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年9月 »

このページのトップへ